独学を続けるコツはたった3つの行動だけという事実

どうも、こんにちは!ジーニーです!

現在大学三年生でノマド生活を目指しながらブログを書いています。

 

僕は今までに独学で学んできたものが多々あります。その中で気付いたことを今回深堀り出来たらなと思います。

独学で学んできた経験をここで共有しようと思います。

 

独学を続けるコツはたった3つの行動だけ

独学を続けるコツは以下の3つだけです。

 

・行動①:目標設定

・行動②:環境を整える

・行動③:実践を積み続ける

 

 

以上の3つの行動で独学が続けられるか、挫折してしまうかが決まるというのが僕の経験談です。

3つの行動で成功や結果がしっかりと出ますのでひとつひとつ解説していきますね。

 

行動①:目標設定

結論から言うと、目標は少しずつ達成していきましょう。

最終目標は見つかっていると思うのですが、スタートからゴールまでの道のりを考えていない人が多い気がします。

 

例えばおおざっぱな話、月収100万円達成しようと目標を決めますよね?初月からできますか?正直無理ですよね。それも独学で稼いでこうとしているのですから。

ではどうすれば良いのかと言いますと以下の通りです。

 

・目標を分割する

・達成までの期間設定をする

 

以上の2つの行動で目標設定はできます。

 

目標を分割しましょう

目標の分割と言うのを簡単に説明しますね。

先ほども言ったように月収100万円を目指しているとします。

いきなりは当然難しいのですが、徐々に段階を踏んできましょう。

まずは、一ヶ月で、1万円稼いでみる。達成できたら次は10万円稼いでみるとかですね。

 

このように段階を踏みながら目標達成のゴールに進んでいくことが大切です。いきなり100万円稼ぐといってもやはり独学は続きません。

しっかりと段階を踏んでいくことが独学を続ける上でモチベーションを維持するのにも大切です。

その際のコツとして、達成までの期間設定も必要になってきます。

 

達成までの期間設定をする

小さい目標を決めたら、いつまでに達成するかを決めましょう。

「いつか月1万円稼げるようになるから、期間設定はしない。」となると、自分の行動にメリハリがなくなってしまいます。

独学と言うのは、独りで学んでいくことです。

ですので、自分の意思との戦いになります。

「今日は疲れたからいいや。」と考えると、いつまで経っても続きません。

だからこそ、いつまでに!という期間を決めることで「今日はこれをやらないと、目標達成に間に合わない。」と逆算できるようになります。

 

この考え方こそが独学を続けるコツなのです。

もう一度目標設定の流れを書くと、以下の通りです。

 

・小さいゴールをいくつも作る

・小さいゴールをいつまでに達成するか決める

 

以上の2つで目標設定は完了です。

 

行動②:環境を整える

独学を続けるコツとしては環境を整えるのもすごく大切ですね。

本当に環境を整えることは大切です。学生の頃、友達は選びなさい的なことを耳にしたことはありませんか?頭が良い人と仲良くすると、それに刺激されて頭が良くなるといった話です。実はこれは的を得ていますね。付き合う人次第で大きく行動が左右されますよ。

 

すみません。前置きが長くなりました。

ではどのように環境を整えるのかと言いますと、以下のとおりです。

 

・人間関係を変える

・身の回りの整理

 

大まかにいうと、以上の2つで環境は整えられますね。

こちらも簡単に解説していきます。

 

 

人間関係を変える

人間関係は人の未来を左右するほど大切に思った方が良いです。

とはいえ、仲良くしたい人もいるのは確かでしょう。

それでも独学期間中は人間関係を変えるべきですね。

 

例えば、いつも飲み会に誘ってくる人とは距離を置く、ネガティブな発言が多い人とはこの期間関わらない。とかです。

これって実際とても大切で人間の意思というのは意外と弱いので流されやすい傾向にあります。ですので飲み友達との連絡は一時経つことがおすすめです。

その代わりに今独学している内容に詳しい人のそばにいることが良いです。

確かにこれでは本当に1人と言うわけではないのですが、効率を重視するならコツなんかを聞くのも良いと思います。

 

結論は独学中にマイナスとなる人間関係は解消しプラスとなる人と付き合いましょう!です。

 

身の回りの整理

身の回りの整理整頓も環境を変える上では大切ですね。

要するに、「独学に関係ないものは排除する」といった感じです。

 

独学する部屋で目に入るところにマンガとか置いてませんか?目に入ると集中力が続きませんし、マンガを手に取ってしまい、気付いたら一時間も経ってる!なんてことに。

無駄な時間を削らないように、身の回りの整理整頓は重要になります。

独学と言う勉強をしたくないあまり、いつもはしない掃除をするというのも特徴のひとつです。

ですので、常にきれいな空間作るように意識しましょう。

 

結論、部屋をきれいに保ちつつ目の入るところには娯楽系を置かない。です。

 

行動③:実践を積み続ける

実はこれを知らない人、できていない人が大半なんですよね。

独学を続けるコツで一番大切なのはこれです!「実践を積み続けること」です。

 

独学がどうして続けることが出来ないかと言いますと、以下の理由が挙げられます。

 

・自分が今どこにいるか分からない

・結果がでない

・学んだことと実践のギャップがすごい

 

正直この3つですね。

もちろん、独学が続かない理由として時間がないと言いたい人もいるでしょうが、それは話になりません。

自分で時間を作ってください。皆24時間と決まっている中で行動しているからです。

話は戻り、独学が続かない理由はこの3つに限ります。

 

自分が今どこにいるか分からない

自分が今どこにいるか分からない人多いです。

どのくらいの知識を学ぶことが出来たのか?自分はあとどんな勉強をすればよいのか?が分からないといつまで経っても勉強しているだけです。

 

一度自分を第三者の目線から見てみると良いと思います。

例えばテストをしてみるとかです。ものによっては、Webテストとかもあると思います。

なので自分目線ではなく違う人の目線になって客観的に自分を見てみる必要があります。

 

結果がでない

結果がが出ないと、独学のモチベーションが上がらないのもわかります。

一度ここで教えてほしいのがどのくらい頑張りましたか?ということです。

シンプルに全然頑張っていなくて結果が出ないのか、しっかりと期間も時間もこなして結果が出ないのかを知りたいですね。

 

結果が出るのは基本的にどんなに頑張手も3カ月後です。なぜかわからないんですけど、全てのことにおいてすぐに結果が出ることって少ないです

長期的に見た方が吉ですね。

僕は全然2~3年をベースに考えたりします。

結果を出すことを急ぐ必要は全くなく、続けることが大切です。

独学を続けることをとして伸び方を知っておいた方が楽でしょう。

ぶっちゃけ、結果が出るまでに最低1年は見積もっておくことをおすすめします。

 

学んだことと実践のギャップがすごい

独学を続け得るコツは結果を出すことです。

逆に独学を続けられない理由は結果が出ないことです。

 

結果が出ない人に共通することは学ぶけれど実践しないことですね。

バレーボールのルールブック完璧でプレイがうまくなるか?という話です。

普通に無理ですよね。

自分の能力がたとえ低くても実践を積んでいかないと伸び率が低いです。ではどうするべきか。

独学している内容にもよりますが、運動系やノルマ系なら実践。

資格系ならテストです。

これだけで良くても悪くても結果が何を勉強すればよいかが分かるので続けられるようになりますよ。

 

独学を続けるための最終アドバイス

最後に独学を続けるための最終アドバイスをします。

これは独学に限った話ではないのですが、なにかを続けようと思ってもなかなかできないことが多いです。

正直継続できない人がほとんどなので。

なので継続する最後のアドバイスをお教えしますね。

それは継続することです。

 

「は?」と思った方もいると思いますが、継続するコツつまり、続けるためにはやめないという行動が一番大切です。

 

継続するには継続せよ

継続するコツは継続することなのです。

一度でもやめてしまうと、0からのスタートだと思ってください。

毎日辛くても止めたくても乗り切って続けることでいずれ習慣化されます。

ここまでくれば正直安泰ですね。

やらなきゃ気持ち悪い体になっているからです。

嫌でも勝手に手が進む状態になればこの先継続することは容易になります。

 

結論、継続するコツは継続することです。

 

この辺で今回は終わろうと思うのですが、独学を続けるコツを最後にもう一度まとめときます。

 

・目標設定

・環境を変える

・実践を積み上げる

(・継続する)

 

以上の3つ+1つです。

これを騙されたと思って続ければ独学していることもいずれ実がなりますよ。

それでは今回はこの辺で、終わります。

他にも記事を書いていますので是非そちらも見てみてください。

最後まで見ていただきありがとうございました。

知っていて得するビジネスの情報を発信しています