努力しているのに評価されない方必見!なぜ芽が出ないか教えます!

どうもこんにちは!ジーニーです!

 

今回は努力しているのに評価されない方に向けてなぜ芽がでないか教えます!

自分でいうのもなんですが、僕は今までに結構努力してきた方だと思います。一応本気で達成したい!と思ったものは達成してきたからです。

自分なりに努力しているのに「努力しろ!」とか言われるとメンタル来ますよね。しかも一番辛いのは自分自身です。今までの努力が無駄なのかと思ってしまうほどです。

 

ですが、ご安心ください!

ここでどうして努力しているのに芽が出ないのかについて結論を書いておきます!

そして、結論を書きつつ「具体的にどうすれば努力が評価されるのか」まで網羅します。

 

努力しているのに評価されないのはなぜ?結論はこれです

 

結論は3つあります。

・1つ目は努力する方向が間違っている

・2つ目は努力の量が足りていない

・3つ目はゴールの前まで来ている

この3つですね。

 

努力する方向が間違っている

あなたが現在どのようなことを目指して努力をし、評価されていないのかは分かりませんが、もしかしたら努力する力のベクトルが違うのかもしれません。

 

・野球で例えるならカーブを習得したいのに練習ではずっとストレートを投げている。

・勉強で例えるなら数学で良い点数をとりたいのに物理の勉強をしている。

 

ここまで大げさに違うことはないと思いますが、上記の感じで努力するベクトルを間違えている可能性はあります。

なので練習方法や努力する方法を少し変えてみるのが大切かもしれませんね。

では、どのようにして正しい努力する方法を見つければ良いのか教えます。

 

正しい努力方法を見つける

もし努力の方法を見つけるには二つの方法があると僕は思います。

 

・1つ目はその分野で成功している人に直接聞いてみる。

・2つ目は一度止めてみて違う視点から努力をする。

 

1つ目のその分野で成功している人に直接聞いてみるというのはかなり効果的だと思います。その理由として成功のノウハウを持っていますし、コツやアドバイスなんかもくれます。今の時代 YouTube などもあるので自分が挑戦していることについて調べてみると良いかもしれません。

2つ目の1度辞めて違う視点から努力するというのは、先ほど言ったように野球で例えるならカーブを止めてみてフォークにしてみる。

そしてフォークを習得できたらまたカーブに戻ってみると意外とすんなりできるかもしれません。

少し考えすぎの場合があるので一度頭から離してみるというのも努力が評価されるために必要な行動だと思いますよ。

 

努力の量が足りていない

人それぞれ努力の量というのは違ってきます。

たくさん行動しなければ成功を掴めない人もいれば、少し行動しただけで成功をつかむ人もいます。

皆さん一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 

「この人全然勉強してないのになんでこんなに頭がいいんだろう」

 

と思うことです。このように努力の量というのは人によって違います。練習時間が1時間で多いと思う人もいれば、1時間では少ないと思う人もいるわけです。

なので、あなたがもしも努力が評価されていないのであればもしかしたら努力の時間が足らないのかもしれませんね。

自分が達成したい目標のレベルによって努力の量は変わってくると思います。

もう一度この努力で評価されるのか?成功するのか?見直してみても良いかもしれませんよ。

 

ちなみに僕はあるスポーツで全国大会に行きたかったので一週間で50時間は練習していました。その結果しっかりと全国大会に行けましたよ。

 

ゴールの前まで来ている

努力が評価されない理由の3つ目の理由はゴールの前まで来ているということです。

なぜか分かりませんが目標達成する前は評価されにくいということがあります。例えば突然スランプに陥ってしまうとか、なぜかケアレスミスをしてしまうなどです。

 

「どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?」

 

実は人は進化する前にこの世はスランプに陥っていないといけない理由があるのです。もしもスランプなく成長してしまった場合、以上に疲労が溜まりやすくなります。

今まで出来ていなかったレベルまで出来てしまっているので非常に疲れやすくなってしまうのです。なのでそこに行くまでにちょっとして慣れということで微妙に力が発揮されるようになっています。

その結果、頭と体がうまく繋がっておらずケアレスミスをしてしまったりスランプが起こってしまうのです。

 

結論としてケアレスミスやスランプが頻繁に起こるになったら目標達成までもう少しだと考えてください。そしてそのまま継続しましょう。いきなり成長しますよ。

 

努力が評価された後の動きは注意が必要

 

結論は「努力が評価された後は自信を持ちましょう」です。

しかし、意外と多くの人は評価された後の行動が駄目になってしまうことがあるようです。

 

なぜなら「努力が評価されたことに満足してしまい、さらなる上を目指さないから」です。

 

努力が評価されたらいきなり責任もやってくる

勉強にしろスポーツにしろ仕事にしろ努力が評価されたの後は注意しなければいけません。

その理由としては責任が伴っているからです。

 

・勉強ならば先生に難しい問題を当てられる可能性があります。

・スポーツならエースを任せられる可能性があります。

・仕事では一つのグループを任せられるかもしれません。

 

上記には全て責任を伴っています。失敗すれば全て自分に行くにも降りかかってくるでしょう。他人からの尊敬の念も送られてくるので不安になってしまう方もいるかもしれません。

 

とはいえ、僕は失敗はたくさんする方が良いと考えているのでそこまで深く考えすぎなくても OK です。

失敗するおかげで次の挑戦で成功する確率が上がるからです。

 

するとまた成功し評価される重要なポジションを任せられると言った ループになります。このようなループを手にすることができれば次は自分が評価する立場になっていきます。

もちろん仕事の場合は収入もあがりますよ。なので自信を持って挑戦していきましょう。

 

後輩を育てる努力に回る

自信が持てるようになると視野が広くなります。視野が広くなったことによって周りの人はどのような行動をしてどのようなものが得意なのかなどが見えてきます。

ここまで来ればあなたは結構重要なポジションを任せられていると思います。

そうするとあんたがやらなければいけないことは一つです。

 

・後輩を育てる

 

あなたはこれから後輩を育てる努力をしていかなければいけません。

スポーツで言うと強豪校のような形ですね。先輩が後輩を育て上げ強い学校のままにしていく。このような努力が必要になってきます。

 

つまりあなたは後輩を育てることによって周りの不安や愚痴を取り除くに行かなければいけません。

一人一人に得意な分野は違いますのでそれを広い視野で見て一人一人に合ったベストな仕事を任せていくような形を取ります。

 

そしてあなたのような後輩を作り上げループさせていくのです。

最終目標は何もしなくても高い評価を得られ自分のやりたいことに努力することができるということです。

 

というわけで以上です。

最後にこの記事の内容をまとめていこうと思います。

 

努力しているのに評価されない人がどうすれば良いかまとめ

 

・努力する方向を見直すか、もっと努力するか、ゴールまで粘る

・努力が認められたら責任が伴う

・後輩の育成に意識を移す

 

以上となります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

知っていて得するビジネスの情報を発信しています