ビジネスが軌道に乗ってきた場合のお金の使い方について

皆さんこんにちは!ジーニーです!

今回は、ビジネスが軌道に乗ってきた場合のお金の使い方について書いていこうと思います。

皆さんはお金を使い方が上手いほうですか下手な方ですか?

お金の使い方が上手い人はどんどんお金を手にしますし、お金の使い方が下手な人はお金をどんどん使ってしまい次に出せないことが多いです。

なので今回はビジネスが軌道に乗ってきた場合のお金の使い方について詳しく書いていこうと思います。

この記事で分かることは以下の目次に書いてありますのでぜひ参考にしてください。

 

収入が徐々に増えてきたときのお金の使い方

それではまず最初に収入が徐々に増えてきた時のお金の使い方について書いていこうと思います。

アフィリエイトでもブログでも収入が伸びる時というものがあります。

この時にお金の使い方を失敗してしまうと急激に収入が減ってしまったりお金は稼げているのに貯金が全くたまらないという状況になってしまいます。

これはいわゆる失敗ですね。

このようにならないようにここでは少しアドバイスをして行こうと思いますので参考にしてください。

 

収入を何にあてるか

さて稼げてきた時にその収入を何に使うのかが一つのポイントになってきます。

例えばアフィリエイトで少し稼げてきているのであれば、ドメイン代に回したりサーバー代に回したり有料テーマを購入したりと次につながるものにお金を使うのが良いでしょう。

ダメなのは3000円稼げたのに3000円お食事代に使ってしまうという感じです。

こんなことをしているようではいつまでたっても稼げません。

はじめのうちに稼げるのは少額です。

そんなの少額を使っても言っときの満足感だけで長期的に安定することはありません。

今のでここでもしっかりと我慢するようにしましょう。

とにかく最初のうちは稼げた分は全て自分のビジネスに投資するようにしましょう。

投資すれば投資するほど、どんどん稼げる可能性や稼げる金額が上がっていきます。

稼げる金額は上がってきたらやっと自分のものに使うようにしましょう。

この時にまた一つのポイントなのですが次は何に使用するのかです。

身につけるものを1ランクだけあげるようにしましょう。

ここでも言っときの満足感だけで終わらず長期的に必要なものに収入を当てるようにしましょう。

その理由としては食事はそに一回だけで終わりますが洋服の場合は長期的に使用できます。

するとこの先使う金額は抑えることができるのでまた貯まっていくようになるのです。

一つ洋服などのランクを上げた時に注意することがあります。

それはワンランク上げたことによってもう自分はここの立場にいると勘違いしてしまうということがあります。

これだけは絶対に避けなければいけません。

ビジネスで失敗する多くの原因は驕りです。

自分はの立場に立ったんだと勘違いすることで横暴になったり上から目線になったりしてしまいます。

こうなってしまうと正直もう救いようがありません。

自分で気づくしかないです。

結論をまとめると最初のうちは自己投資にどんどんお金を使い、それでも余るようになったら洋服などの長期的に使用できるものにお金を費やしましょう。

その時の注意点としては大柄な態度にならないということです。

 

我慢するべき日数

ビジネスをやる上で我慢する日数というものがあります。

これは何かと言いますと稼げてからどのくらいの日数が経ったらお金を使っても良いかという話です。

ネットビジネスというのは成功か失敗までの上下が激しいです。

なのでいきなり100万円稼げて次の月はゼロ円なんてこともザラにあります

このようなことになってしまわないようにお金を使うのを我慢しなければならない日数というものがあります。

もしも1月目で100万円稼げてそれをむやみに使ってしまい2ヶ月の移行が収益ゼロ円だったら正直終わりですよね?

お金も残りませんしお金を一回稼ぎたと言う謎のプライドが生まれてしまいます。

なので安定的に稼げてから1年間はあまりお金を使わないようにしましょう。

今までの暮らしを続けることを強くおすすめします。

もしも今の暮らしのままであれば生活水準をあげているわけではないので特に苦しくはありませんし、貯金もしっかりと残っているという最高の状態になります。

とはいえ一番良いのはしっかりと継続的に収入があるということです。

しかし万が一ということがありますのでお金の使用には十分に気をつけた方が良いと思います。

結論をまとめると稼げてから1年間は安定期に入るまで大きなお金の使用は避けた方が良いと思います。

 

個人で行くか?法人で行くか?

次に個人で行くか法人で行くかについて書いていこうと思います。

稼げている金額が年間で1千万円を超えているのであればネットビジネスを法人化させた方が良いと思います。

そうすることにより経費で落とせるものも増えますし節税対策もすることが可能になります。

なので個人で行くよりも法人にする方がコスパ的にも良いと思われます。

それでは法人のメリット、デメリットについて少し書いていきますので見ていきましょう。

 

法人にするメリット

法人にするメリットは、たくさんあるのですがその中でも特にメリットが高いのを教えていこうと思います。

まず初めに役員報酬を払えるということです。

法人から個人に役員報酬という形で役員報酬として渡した給料を経費にすることができます。

会社からするとこれがメリットになりますし個人からすると役員報酬としてもらった給料に給与所得控除適用することができます

個人からもう法人からも節税をすることできるので非常にメリットが高いと言えます。

また、消費税が2年間免除されます。

他には法人税が安かったりします。

法人税の場合は税金が15%ですが、個人の場合330万円を超えると20%、695万円超えると23%、900万円を超えるとなんと33%も取られてしまいます。

つまり法人税の方が安いのです。

経費にできる幅が広がるというのもメリットのひとつです。

例えば食事補助や通勤手当などでほとんど経費として使用することができます。

個人の場合経費にはできませんし条件も12万円までと決まっているので、このような面からも法人の方が良いと考えられます。

以上が大まかな法人にするメリットです。

この他もたくさんありますがここではこのくらいにします。

次は法人にするデメリットについてです。

 

法人にするデメリット

法人にする場合のデメリットについて書いていきます。

ここでもデメリットの大きい順に書いていきます。

そして一部しか書かないので他にもたくさんデメリットあると思いますが基本的にはここに書かれていることが大きなデメリットとして考えてください。

それでは早速、法人にする場合のデメリットについて書いていこうと思います

第一に来るのは社会保険に加入しないといけないということです。

厚生年金18.3%、健康保険10%、介護保険1.6%(これは四十歳以上の場合です)、雇用保険が0.5%です。

合計30%に近い社会保険を全て自分で払うことがデメリットです。

社会保険料は所得控除として計上できるので厚生年金多く払えば将来もらえる年金が増えるのでそんなに落ち込むことではないのかもしれませんが非常に多くの税金を払わなければいけないというのは非常にダメージが大きいと考えられます。

二つ目のデメリットとしては税務処理を税理士に頼らないといけないということです。

個人でやっていく場合の確定申告は正直誰でもできるレベルなのですが、法人の確定申告の場合はとても難しく面倒くさいです。

なので税理士を雇ってお願いするしかありません。

この税理士を雇う場合は安くて20万円くらい払わないといけないのでこれもお金を使ってしまうという一つののデメリットと言えます。

他のデメリットとしては法人化にお金がかかることと法人化することが面倒くさいということがあります。

法人化するには25万から30万ぐらいかかるかなと思います。

また法人化するにあたって法人用の銀行口座を作ったり印鑑を作ったりとやることがたくさんあるので非常にめんどくさいと思います。

アフィリエイトの場合も ASP の名義を変えたりサーバー、ドメインとたくさん変えないといけないことがあるので大変です。

基本的にはここら辺がデメリットだと思われます。

このようなメリットやデメリットを知っておかないと法人した方が良いのか個人でやってった方がいいのかなど分からないと思うのでしっかりと考えることをおすすめします。

以上が法人のメリットとデメリットの話です。

 

ビジネスが軌道に乗ってきた場合のお金の使い方のまとめ

今回はビジネスが軌道に乗ってきた場合のお金の使い方について書いてきました。

この内容について最後にまとめていきたいと思います。

なぜ収入が徐々に増えてきた時のお金の作り方としては少ない収入であれば仕事の投資に使うようにしましょう。

そしてさらに増えてきた場合は長期的に使用できるもの購入するようにしましょう。

例えば1ランク下の洋服を買うとかです。

その際に注意しないといけないのはまだ自分もそのランクに届いていないということです。

このランクに行くためのモチベーション維持のために服を買っているのであって実際に言ってるわけではないので大柄な態度にならないように気をつけましょう。

また、1年間はお金の使用は気をつけましょう。

ネットビジネスは上がる時下がる時がすごくはっきりしているので安定していないうちは大きくお金を使うことを避ける方が無難だと思います。

個人で行くか法人に行くかについては今の立場を考えながら決めましょう。

法人にする場合はデメリットデメリット二つともしっかりあるので、よく考えて個人で行くのか法人で行くのか選択しましょう。

以上が今回の大まかな内容となっております。

他にも記事を書いているのでそちらも参考にしていただけると嬉しいです。

それでは、また。

知っていて得するビジネスの情報を発信しています