インフルエンザ大流行!予防方法と感染した場合の対処法を伝授します!

皆さんこんにちは!ジーニーです!

今回はインフルエンザの予防方法と感染してしまった場合の対処法などについて伝授していこうと思います。

皆さんはインフルエンザになったことはありますか?

たまにインフルエンザになったことがないという方を見かけますが、多くの方は一度くらいは経験があると思います。

そんなインフルエンザが現在大流行中なようです。

インフルエンザになってしまうと仕事の効率は落ちるし、最悪全く行動することが出来ない状態になってしまいます。

そうすると、ブログの毎日更新も止まってしまう可能性もありますし、普通の仕事は周りの仲間に迷惑をかけてしまうことになります。

このようにならないためにもインフルエンザにならないように予防しましょう。

今回の記事内容は以下の目次を参考にしてください。

 

インフルエンザを予防する方法

さて、まずはインフルエンザにならないように対処しなければなりません。

皆さんは日ごろからどんな対処をしていますか?

色々と紹介していきますので自分のやっていることと重ね合わながら見ていただけたらと思います。

それでは早速予防方法について書いていきます。

 

インフルエンザ予防接種を打つ

インフルエンザの予防接種を打つことによって感染する確率を大幅に減少させることができます。

完璧にインフルエンザを抑えることはできませんが、少なくとも発症する確率を減少させることができます。

また、インフルエンザにかかってしまった場合でも症状が普通より緩和していたり、そこまで重症化しないで簡易させることが可能です。

予防の第一段階として予防接種を受けるというのは非常に大きな対象方だと思います。

 

手洗いうがいを徹底する

インフルエンザに限らず風邪を防ぐために手洗いうがいをするのは極めて一般的なことであり、当たり前のことでもあります。

特に人混みに行ったときは必ず手洗いとうがいを徹底しましょう。

必ずその人混みの中にインフルエンザ菌を持っている人がいますので注意が必要です。

しっかりと石鹸を付けて手を洗いましょう。

爪の間や手首、指と指の間かが特に洗い残しが多い場所です。

石鹸を付けて手を洗うことで石鹸を付けない場合と菌の量が80%も違うとのことです。

必ず石鹸を付けましょう。

これが二つ目の予防方法です。

 

マスクの着用で飛沫感染を防ぐ

マスクを着用することでインフルエンザの飛沫感染を防ぐことができます。

向かい側の人が咳をしたり、くしゃみをしてインフルエンザ菌が飛んできてもマスクを着用しておくことで飛沫感染を防ぐことが出来ます。

また、マスクに直接に抗菌剤を吹きかけてつかう菌を跳ね返す商品もあるようです。

そのようなありがたい商品が今の時代ではあるので積極的に使っていくようにしましょう。

値段もそんなに高いわけではありません。

少額をケチって病院などで多額失う方が勿体ないです。

できることはしっかりとやっておきましょう。

マスクを処分する際は表面部分に触れないように注意しながら、耳に引っ掛ける部分を持ちごみ箱に捨てるようにしましょう。

表面部分には非常に多くの菌が付着しているので絶対に触れないようにしましょう。

以上が、マスクを着用インフルエンザを防ぐ方法です。

 

生活習慣から完全に予防する

生活主観を正すことでインフルエンザ及び風邪を防ぐことが出来ます。

例えばどのようなことをすればよいのかと言いますと、睡眠時間をしっかりと取る。

バランスの良い食事にする。などです。

食事を改善することと、睡眠をしっかりととることによって免疫力を高めることが出来ます。

結果として自分の体に菌が入ってきてもやっつけることが出来るのです。

そのため免疫力をあげることを意識するのもありだと思います。

丘にも免疫力を上げる方法はいくつかあります。

お風呂です。しっかりと湯船で温まることで免疫力を上げる効果があります。

以上が今回調べたインフルエンザにならないようにするための予防方法です。

絶対にインフルエンザにならないぞ!という強い意志を持って予防にあたってください。

また、今回の予防法を参考にして頂けると光栄です。

 

インフルエンザになってしまった場合の対処

では予防してもインフルエンザになってしまった場合はどのようにすればよいのでしょうか。

やはりインフルエンザは頭も痛いし、高熱も出ます。

さらには節々も痛くなり体調は非常に良くない状態です。

そんな症状を一刻も早く治す場合はどのような行動をすればよいのでしょうか。

今回お教えしていこうと思います。

 

病院に行く

当たり前かもしれませんが病院にいってしっかりと医師に診察してもらいましょう。

そうすればインフルエンザの薬がもらえます。

この薬を服用することが一番早く、インフルエンザを治す方法であることは間違いありません。

医師の指示をしっかりと聞きその通りの行動にするようにしましょう。

 

栄養を水分をしっかりととる

熱が出ているということは汗もかいているはずです。

そのため体内の水分量が減ってしまうことがあり、熱中症になってしまう可能性もあります。

このような二次被害を起こさないようにするために水分はしっかりと取るようにしましょう。

できれば、ポカリスエットが望ましいです。

注意点としてはアクエリアスではなくポカリスエットであるところです。

食事はとれないことがあります。

起き上がるのもしんどい時です。

そうなってしまってはどうしようもないので食べられるものを口にしていくということが大切です。

また、消化の良いものを意識的に食べるようにしましょう。

王道なものでいえば、うどんやおかゆ、ゼリーやアイスクリームなんかも良いかもしれません。

 

何も食べないのは栄養を取る手段が滞ってしまうのでなにか口にすることをおすすめします。

 

インフルエンザ休暇中の上手な時間の使い方

医師から処方された薬を飲んでいれば熱はすぐに下がると思います。

しかしインフルエンザの菌がまだ体内に潜伏しているため外出したり仕事、学校に通うことはできません。

そうなってくると今度は時間を持て余してしまい、暇になります。

時間を有効活用できないかと僕は今までインフルエンザにかかってしまった時思っていたわけです。

この疑問、悩みを元に調べてきましたでのその結果を書いていこうと思います。

 

インフルエンザ解熱後の暇つぶし

ネットに書かれていた暇つぶし経験談は以下のようになっています。

・連続ドラマを見まくる

・映画鑑賞

・この機会に寝まくる

・漫画の読み返し

・読書

・仕事、学校の勉強などのやるべきことをする

・アプリで遊ぶ

・好きなyoutuberを見る

などが挙げられていました。

どれもあるあるですが、たしかに時間を潰すのには持って来いの内容です。

この中でも特に有意義な時間になるのは読書ではないでしょうか。

読書によって自分を高めることが可能ですし、新しい知識をも身に着ける子ことが出来ます。

なので休憩だけでなく自分を高めたいんだ!というストイックな方は読書をしてみてはいかがでしょうか。

 

インフルエンザの予防、対処のまとめ

さて、今回書きました、インフルエンザの予防、対処法もしも感染してしまったらどうすればいいのかなどについてのまとめを書いていこうと思います。

まず初めにインフルエンザにならないようにするための予防からまとめます。

インフルエンザにならないためには、ワクチンなどの予防接種を打つ、マスクなどで他人からの菌を受けないようにする。

手洗いうがいをこまめに丁寧にする。生活習慣を整える。睡眠をしっかりととる、栄養バランスを考える、湯船に浸かるなどです。

これで基本的には予防することが可能です。

それでもインフルエンザに感染してしまう場合があります。

感染してしまった場合の対処法としては病院に行く、処方された薬を飲む、水分を取る、栄養のあるものを口にする、などです。

しっかりと病院で診察してもらい薬を飲んで早急に治してしまいましょう。

また、インフルエンザの高熱が下がった場合の暇つぶしとしては読書や映画鑑賞などがおすすめです。

以上が今回の主な内容となっています。

インフルエンザはきついのでならないように注意しましょう。

大体は感染してしまってから後悔するものです。

しっかりと注意しましょう!この記事内容が少しでも参考になったら幸いです。

知っていて得するビジネスの情報を発信しています